2010年8月13日 (金)

全日本ジュニア

息子にとってはじめての全日本ジュニア。
緒戦の相手はワイルドカードで出場の第3シードだった。

結果は3-6,3-6の敗戦。いや~戦前はダンゴダンゴを覚悟していたのだが、なかなか頑張ったのではないだろうか。
観戦していた家内の話では、一回戦ということもあってか相手のテニスが荒く、ミスが多かったことでゲームが取れたようだ。

もちろん息子も集中して良いテニスをしたのだろう。現役最後の大会で、悔いのない試合が出来たと思えればいいのだが。

帰ってきて試合の感想を聞くのが楽しみである。

| | コメント (0)

2010年8月 3日 (火)

インターハイ

7月30日から行われているインターハイ。

K高チームは一回戦がなく、二回戦は大阪第一代表と対戦した。
結果2-1で見事勝利。ただS1で出た息子は1-8負け。相手は相当強い選手だったようで、ちょっと球が甘くなると一発で決められてしまったそうだ。

全国トップレベルとの差はとても大きい、ということが分かったと思う。

続く三回戦は東京代表に敗戦。団体ベスト16という結果だった。
その中でもダブルスは非常に調子が良く、緒戦は8-1、三回戦もタイブレーク負けと、惜しかった。
M君Y君のペアは、先ほど行われた地域ジュニアダブルスで優勝しており、好調を持続したまますばらしい活躍だったようだ。

さて次は個人戦だが、緒戦から厳しい相手で3-8の敗戦。
息子のインターハイは一勝もできず、ほろ苦い大会となってしまった。

次はおそらく息子の現役最後の大会となる「全日本ジュニア」である。インターハイでの経験をどれだけ生かせるか、期待したい。

| | コメント (0)

2010年7月22日 (木)

地域ジュニア

久しぶりの更新となってしまった。

先週末からM県で地域ジュニアが行われていた。

息子はシングルスのみエントリーしており、本戦はベスト16止まりだったが、その後順位決定戦を3回勝って9位になった。
辞退が出た時のための補欠決めだなと思っていたら、なんと今年は10位まで全日本ジュニアの出場権があるというではないか。

これで又現役の時期が延びてしまった(笑)。そろそろ受験体制に入らないとヤバいんだけどなあ。嬉しいような、困ったような。

今日は国体の最終予選が行われている。
さすがにこれには、「もし勝っても出場権は放棄します」と最初から断って参加させてもらっている。10月まではいくらなんでも練習を続けられないから。

最初から気合が入ってないから、ころっとやられそうだ。

| | コメント (2)

2010年6月21日 (月)

地域総体

19日から地域総体が本県で行われている。

息子は団体戦にS1で出場。1,2回戦と勝利して(チームも3-0、3-0)責任は果たしたといえるだろう。

準決勝は第2シード、O県のOM高。練習試合などでもあまり勝ったことがない強豪だ。
2面進行で行われたこの試合、まずS1の息子が3-8で落としてしまった。OM高のK君はやはり強く、少しでも球が浅くなるとコートの中に入って強く叩かれ、なかなか自分から攻める場面を作らせてもらえなかった。
バッククロスの打ち合いだけは互角に見えたが、フォアのスピード、精度ともに相手の方が一枚上手だった。

D2は頑張って8-5勝利。Y君M君のペアはさすがに頼りになる。ここというポイントうまくものにして1-1のタイにしてくれた。

勝敗はS2にかかりT君に期待がかかったが、雨で遅いコート状態とスライスでゆるくつないで来る相手という、T君が苦手とするシチュエーション。
ちょっといやな感じだったが、案の定T君の爆発的なフォアがことごとく入らない。当たり外れの大きいT君は、当たれば上位を食うときもあるが、不発だとどうしようもなくなることがある。
この日はT君の日ではなかったようで0-8の敗戦。

チームは1-2で破れ、結果はベスト4。悔しい結果だったが、息子に限って言えば実力はほぼ出したといえるだろう。
(ただこの後の個人戦で緒戦負けしてしまったのはいただけなかったが...)

インターハイまであと一月ちょっと。足を後一歩出し、ミスをもう一球減らすように頑張ってほしい。

| | コメント (2)

2010年6月15日 (火)

返り咲き

県高総体個人優勝の結果を受けて、息子は団体登録1番となったそうだ。

人一倍団体戦に思い入れのある息子だからとても喜んでいたが、責任感による重圧も感じているようだ。
客観的に見ても、ウチの息子はシングルスNo.1(いわゆるチームのエース)というタイプではないような気がする。S2あたりで粘りを見せる、みたいな。

だが県大会で勝ってしまったものはしかたがない。あとは肝を据えて責任を果たすだけだ。
まずは今週末の地域総体で、力を出し切ってほしいものだ。

| | コメント (0)

2010年6月 8日 (火)

県高総体結果

週末から始まった高総体県大会。

K高チームの団体戦はまったく危なげなく、圧倒的な力で優勝した。メンバーから外れていた息子も声を嗄らして応援していたが、正直なところあまりに強すぎて、盛り上がるところがなかった(笑)。

そして問題の個人戦はダブルス4位、シングルス優勝という結果だった。

準決勝 8-5
決勝  9-7

「個人戦で絶対やっちゃる!」と宣言していた息子だが、有言実行でやってくれた。これは素直に嬉しい。

大会前に監督から「お前、県外から来たやつらに優勝されて悔しくないのか。いっちょやってやれ!」とハッパをかけられていたそうだ。
「漢(おとこ)の意地を見せてやった」とばかりに、今夜は鼻息が荒いことだろう(笑)。今日くらいはいいか。

| | コメント (0)

2010年6月 1日 (火)

高総体直前

今週末、土曜日から息子にとって最後の高総体が始まる。

団体メンバーに入れなかった息子は、個人戦のシングルスで準優勝以上か、ダブルスで優勝するしかインターハイに行くことができない。
部内上位5人くらいは誰が優勝しておかしくないので、確率は20%くらいか。もうここまで来たら技術どうこうの話ではなく、コンディションの上げ方と集中力の問題だろう。

監督はもう3年生に対してはあまり厳しい指導をしなくなっていて、それが少し寂しい(笑)と息子は言っている。

とにかく頑張ってほしい。

| | コメント (2)

2010年5月21日 (金)

高総体ドロー

6月におこなわれる県高総体のドローが発表されていた。

団体戦、K高チームは当然第一シード。
だが残念ながら息子は団体の登録メンバーからはずれてしまった。ここ2大会連続でベスト4止まりの成績だったので仕方がないだろう。全力で応援に回る予定だ(笑)。

個人戦はシングルスが第3シードでダブルスが第4シードになっている。
団体登録から漏れた以上、インターハイに行くにはシングルスで決勝戦までいくかダブルスで優勝するしかない。

本人は、もしインターハイに行けなかったときには、7月の地域ジュニアは出場辞退しようかと考えているようだ。
さすがにモチベーションが保てないかというところだろう。無理もない。

人一倍チーム競技好きの息子にとって、高校テニスとは「選抜」であり「インターハイ」であるのだ。

果たして息子の高校テニスはあと数週間で終わってしまうのか?それとも8月まで続くのか?
明日はどっちだ(笑)

| | コメント (0)

2010年4月19日 (月)

地域ジュニア県予選

土、日に全日本ジュニアにつながる地域ジュニア県予選が行われた。

しばらく前に監督から、息子のような高総体の団体メンバーに入るかどうか微妙な選手は、「地域ジュニアに出場できなかったら高総体(個人戦にも)には出さない=現役引退!」というお達しがあったそうで、この県予選でベスト4以上に入らないと、即引退という悲しい結果が待っていることになっていた。

ところが18歳以下シングルスのドローを見ると、なんとQFでチームメイトのM君と対戦することになっている。
M君との公式戦での成績は一勝一敗だが、練習試合などではあまり分が良くないようだ。

息子はこの一週間ほどは「まだ引退はいやだ。高総体に出たい」という大きなプレッシャーと戦っていたようだ。
そしてそのM君とのQFでは、ワタシが今まで初めて見たような集中を見せて、6-2で勝つことが出来た。いわゆるゾーンに入っていたのだろう。意味の無いエラーがほとんどなく、攻めと守りのバランスが良かった。

試合後には相当ほっとしていたようで、久しぶりに笑顔も見せていた。これでとりあえず高総体の個人戦には出場できそうだ。本当によかった。

ただその試合で全精力を使い果たしたのか(笑)、SFでコロッと負けてしまったのはちょっといただけなかったが。本当に強い選手は数試合続けて集中力を発揮できるのだろう。

最終結果はシングルス4位、ダブルス4位である。
7月までは現役でいられると言うことだ。受験勉強は大丈夫なのか?

| | コメント (0)

2010年4月 8日 (木)

疲れた!

土曜から火曜にかけて出張してきた。

行程は、F空港より日本の某官庁職員と出発~上海~上海にて某客船(7万トン、乗客1800人)に乗船~船内で官庁職員のアシスト~N港(ワタシの住んでいる街)へ入港、というものである。

ご存知の方も多いと思うが、最近外国人が日本へ入国する際には、相当大変な手続きが必要になっている。
まあそんな感じの業務で、ワタシの仕事は一言でいえば雑用係(笑)。官庁職員と船のスタッフの間で、どちらからも色々言われながら恐ろしくブロークンな英語で折衝をしたりする。

船での一泊目は3時間睡眠、翌日は朝7時から夕方4時頃まで立ちっ放し(昼食抜き)。まあみんなメシ抜きなのでワタシだけという訳にも行かなかったので仕方ない。
その後やっとブッフェで食事にありついて、また6時頃から仕事を始めて午前2時頃にやっと寝ることができた。

アラフォーならぬアラフィフ(笑)のオヤジにはキツイ。今年は同じような出張があと数回ありそうだ。行きたくねえ...

船内のレストランから見た対岸
Ca3c00540001

| | コメント (0)

«選抜一日目